本文へスキップ

審査の甘いキャッシング

貸付審査が厳格化された理由

貸金業者が消費者へ融資をする際には必ず貸付審査が必要となってきます。貸付審査を通過しないと、キャッシングをすることは絶対できないのがこのシステムです。貸付審査が厳格化されたのは、90年代後半に各金融業者による過剰融資が乱発したことで、多重債務者が増加し破産者が続出してしまったことに起因します。

貸付審査をする際、金融業者は必ず信用情報機関へアクセスし、申し込み者の個人データを照会しなくてはなりません。これも貸金業者の過剰融資と、消費者の多重債務を事前に防止するために貸金業法で規定された項目です。規定以前の金融業者は、顧客獲得競争を激化させ、業者の支店長には過酷な融資のノルマを科していたことが、過剰融資を更に拍車をかけていました。

過剰融資ということは、つまり顧客にとってみれば結果的に審査基準が甘くなることを意味し、当時の利用者はいくらでも借入が出来たといっても過言ではないでしょう。ただ、前述したように、その結果大量の多重債務者と自己破産者を生み出してしまったことは、厳しい法改正を招く要因となったわけです。

各ローン会社によって審査基準も違ってきます

大手カードローン中小小規模

大手銀行カードローン

審査基準の度合いで示せば、決して甘くはありませんが、金融業者からの借入が少ないサラリーマンなら問題なく審査に通ります。ただ、他社からの 借入が複数あるような多重債務者の場合は、易々とは審査に通してくれないようです。大手の場合、審査の大半は信用情報機関の個人データを基に判断 しますので、現在の借入件数や支払い終了日といった項目まで厳重にチェックされてしまいます。したがって、複数の借入があるような人は、大手を回避 したほうがいいかもしれません。

中堅キャッシング会社

中堅業者は大手より資本力も低く、一般的には知名度も低いですが、数の上では大手よりはるかに多いのが実態です。利用者の多くが大手からの横滑り客で、大手の審査に通らなかった人、あるいは審査に通る自信のない人などがこの中堅キャッシング会社を利用しています。特徴としては、大手ほど知名度はないものの、格段に審査基準が甘くて柔軟に対応してくれるのが最大のメリットです。また、数の多さから顧客獲得競争によるサービス展開も顕著で、大手に匹敵するサービス(即日融資、無利息ローン)を実施している業者もあります。

中小キャッシング会社

中堅業者よりも更に規模の小さいのが中小以下のキャッシング会社です。利用者の多くは中堅業者の審査に通らなかった人、あるいは審査に通る自信のない人で占めており、審査基準については中堅業者よりもはるかに甘くなっています。ただ、この種の業者(多重債務者向け融資)は全国でも激減しており、昨日存在していた店が今日なくなっていたということも少なくありません。もしも申し込みされるようであれば、よくよく熟考してあくまでも自己責任でお願いします。

キャシング審査に通らない理由

審査を却下される理由

上述したように、キャッシング会社の審査基準は業者毎に異なっていますが、貸付審査を却下されるからには、必ず相当な理由が横たわっていることが考えられます。一番多い却下理由は複数の業者から借入をしている多重債務問題です。何が問題かといえば、他社から複数の借入をしている人の多くが毎月の支払い日の金策に苦心し、足りない分を他の業者からの融資で補っているのが実態です。

こういった行為を自転車操業とよびますが、この行為を繰り返していれば、やがては借りれなくなった途端に支払い不能に陥ることは火を見るよりも明らかで、いわば自己破産予備軍といえるかもしれません。したがって、多重債務者への新規融資を警戒するのは金融業者としては当然の行為であるといえるでしょう。

確実に審査に通るためには

融資をあてにして貸金業者に融資を申し込んだものの審査で落とされてしまえば、それこそ奈落の底に突き落とされてしまうような屈辱を味わうことになってしまいます。そして何よりもそれらの一切の行為「融資の申し込み」「審査の却下」がすべて信用情報機関の個人データに登録されてしまいますので、もしも次に他の業者へ融資の申し込みをしたとしても、それらのデータを閲覧されて、よい印象にならないことは必至です。

したがって、審査を受けるからには可能な限り融資を受けれる可能性の高い業者を選択しなくてはなりません。融資の申し込みに「ダメ元で」なんて言葉は通用しません。重要なのは現在の借入現状と収入、支払い状況を総合的に判断したうえで、融資先を選択することです。

キャッシング比較

ライン

キャッシングの魅力

キャッシングとは借金と同義語になりますが、借金をすることに罪悪感を持っている人は少なくありません。特に貸金業者からの借金は、過去に社会問題となったサラ金問題などの影響で、ネガティブな印象にあることは間違いないでしょう。しかし、きちんと支払い計画を立案し、無駄のない使い方をすれば、間違いなく豊かな生活を送ることができるはずです。

キャッシングをすることによって今の生活が飛躍的にプラスに働くのであれば、何も問題がないはずです。ただ、以下のような目的のキャッシングは問題です。

  • ギャンブル
  • 投機的な売買
  • 豪遊
  • 他の借金の返済に充てる
9月 19, 2019 08.20.16

金融ナビゲーション